FC2ブログ

冷蔵庫!?

不動産鑑定業界に足を踏み入れ、当初は不動産調査に明け暮れてまし
た。毎日、毎日、いろんな物件を目にし、不動産はホント個別性が強い
んだなぁ、と身をもって実感していました。
駆け出しの頃のある日、不良債権処理に伴う調査案件の依頼があり、
今回の調査対象として、10件程のリストをまかされました。リストをみな
がら、建物の種類のところで、ふと目にとまり、なんだこれ、と思ったのが、
「建物の種類:冷蔵庫」・・??
登記簿を確認しても、やはり「建物の種類:冷蔵庫」・・??
頭の中では、○立のレイゾーコ、がぐるぐる回り、御依頼者にソッコー
電話してみると、「よくわからないから、とにかく調べてくれ」 で電話は
終わってしまいました。
住宅地図を確認すると、周辺はマンションが多い中、対象地には企業名
の記載。とにもかくにも、まずは現地を確認したく出かけて行きました。
道すがら、「価格査定の手法はどうしよう?収益価格、やっぱ試算する?
そもそも冷蔵庫の賃貸事例なんてあるか?」 などとあれやこれや考え
ながら、ますます頭の中はグルグル(T_T)
現地にたどり着き、ドキドキしながら物件を確認したところ、ありました。
物件は、冷凍食品を扱う会社の中にあって、
要は、冷蔵設備を備えた大型の倉庫でした(^_^;)

繰り返しになりますが、不動産というのは、ホント個別性が強いです。
仕事をすればするほど、いろいろな案件にあたるもので、これもまた、
不動産鑑定評価という仕事の面白い面でもあります。
反面、一回、一回の調査・確認を手を抜くことなくやらないと、思わぬ
落とし穴もあるのものです。
物件調査に慣れてくると、資料からある程度の推測できたりするもの
ですが、実際の調査においては、「~だろう」という推測は禁物で、
必ず事実確認をしなければなりません(^S^)

スポンサーサイト



テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

プロフィール

やまかんllp

Author:やまかんllp

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード